健康診断・血液検査結果と数値の見方ガイド

血圧・尿酸・コレステロール・中性脂肪など病院の健康診断、定期健康診断の検査数値からわかる症状と対策

健康診断・血液検査結果と数値の見方ガイドの記事

心臓カテーテル検査

この検査でわかること
鼠径部(そけいぶ・足の付け根、股関節の辺り)またはひじ、手首の血管から、特殊な細い管(カテーテル)を挿入し、先端を心臓に到達させて行う検査。多くの場合、数日間の入院が必要となる。


スポンサードリンク
・冠動脈造影検査……動脈からカテーテルを挿入し、先端を冠動脈の入口まで進めて、造影剤を注入した後にX線撮影をする。血管の狭窄により狭心症や心筋梗塞を起こしている場所と、障害の範囲を特定することができる。治療方法の決定に役立てられる他に、血栓の溶解措置などの治療も行われる。

・左室造影検査……通常は冠動脈造影検査と同時に行われる。方法はほぼ同じで、動脈から挿入したカテーテルをさらに左心室に届かせ、左心室の圧を測定し、造影剤を注入しX線撮影する。高血圧性の心肥大、狭心症や心筋梗塞などでは左心室の働きが低下するので、それらの病気の判定に役立てられる。

・右心カテーテル検査……右心機能と左心機能を調べることができ、心不全診断や、治療方法の決定に役立てられる。先端に風船(バルーン)のついたカテーテルを静脈から挿入し、右心房から右心室を経由して肺動脈まで到達させる。バルーンをふくらませて、肺動脈・右心室・右心房の圧、心拍出量などを測定する。先天性の心臓病などの病名や重傷度診断にも用いられ、手術をするかどうかの判定にも役立てられる。

異常値のときに疑われる病気
先天性の心臓病、心臓弁膜症、狭心症、心筋梗塞、心肥大、不整脈、心不全、大動脈の病気など
・心筋生検……先端に特殊な機具をつけたカテーテルを右心室または左心室に挿入し、心筋の組織をつまんで採取する。その後、病理検査を行って、心筋の病気(肥大型心筋症、心筋炎、拡張型心筋症など)の診断に役立てる。

・電気生理学的検査……電極のついた特殊なカテーテルを、4~5本静脈から挿入し、電気刺激を加えて心電図を記録する。心臓の拍動をコントロールする刺激伝導系働きを調べ、不整脈の診断に重要な検査で、ペースメーカーの埋め込みの可否判断に欠かせない。
もし異常があったら
心臓の病気に関する精密検査であり、原因や治療方針がほぼ特定出来るので、治療方針に従って、治療をすすめることになる。


スポンサードリンク

リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.21kenko.com/2006/05/post_49.html" target="_blank">健康診断・血液検査結果と数値の見方:心臓カテーテル検査</a>

 
GoogleSitemaps|健康診断・血液検査結果と数値の見方ガイド