便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?

便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?

便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?

 

カイテキオリゴ新ビオフェルミンS、便秘にいいのはどっちかな?

 

ビオフェルミンは蒼井優さんがCMでイメージキャラクターをしていてナチュラルでいい感じ。
カイテキオリゴはネットの口コミが多いし、赤ちゃんにも使えるというから安心。

 

どちらもスッキリできそう。だったらインターネット通販でしか買えないカイテキオリゴより、近所の薬局で市販されているビオフェルミンの方が気軽に買えて便利でいいな、と思ったあなた。

 

ちょっと待ってください!

 

このふたつ、似ている点も多いですが、異なる点もけっこうあるんです。ご自分の食生活に合ったほうを選ばないと、変化を感じられないかも知れません。また、両者の特徴がわかれば、よりスッキリできる飲み方も見えてきます。

 

そこでこの記事では、

  • カイテキオリゴとビオフェルミンの違い
  • よく似た働き
  • 両者の併用のススメ

など、カイテキオリゴとビオフェルミンにまつわる疑問にお答えします!

 

購入の際の参考にしてみてください。

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

 

 

 

「カイテキオリゴ」と「新ビオフェルミンS」の違いを一覧で紹介

 

「新ビオフェルミンS」のラインナップは以下の通り。

 

商品名

効能

新ビオフェルミンS錠 整腸・軟便・便秘・お腹のハリ
新ビオフェルミンS細粒
11歳からのめるビオフェルミン便秘薬 便秘・便秘に伴う肌荒れの緩和
ビオフェルミン下痢止め 腹痛を伴う下痢・食あたり
ビオフェルミン止瀉薬 下痢・食あたり
ビオフェルミン健胃消化薬錠 食欲不振・胃もたれ
ビオフェルミンVC  お腹のハリ・便秘

 

ビオフェルミンって便秘にいいイメージが強いですが、下痢や食あたり・胃もたれに効く薬もあるんですね。
この中で一番メジャーなのはおそらく、CMでもおなじみの「新ビオフェルミンS」でしょう。

 

そこで、この記事では「カイテキオリゴ」と「新ビオフェルミンS」との比較をしていきます。

 

ちなみに、「新ビオフェルミンS」には2つの商品があります。

商品名

形状

新ビオフェルミンS錠

 

錠剤

 

新ビオフェルミンS細粒

粉状

 

 

どちらも成分は同じですが形状が違います。なのでまとめて比較しちゃいますね。

 

カイテキオリゴと新ビオフェルミンSの比較表

商品名

カイテキオリゴ

新ビオフェルミンS

パッケージ

 

 

分類 食品 指定医薬部外品
成分

ラフィノース
ミルクオリゴ糖
乳糖
フラクトオリゴ糖
イソマルオリゴ糖
環状オリゴ糖
難消化性デキストリン
アカシア食物繊維
ショ糖

コンク・ビフィズス菌末
コンク・フェーカリス菌末
コンク・アシドフィルス菌末

添加物 なし 【新ビオフェルミンS錠】

トウモロコシでんぷん、デキストリン、乳糖水和物、沈降炭酸カルシウム、アメ粉、白糖、タルク、ステアリン酸マグネシウム

 

【新ビオフェルミンS細粒】
トウモロコシでんぷん、デキストリン、アメ粉、沈降炭酸カルシウム

形状 粉末状

【新ビオフェルミンS錠】

錠剤

 

【新ビオフェルミンS細粒】

粉末状

体への影響 大腸で善玉菌のエサになることで腸内環境を整える

善玉菌として生きたまま大腸に届いて腸内環境を整える

使用可能年齢 新生児から

【新ビオフェルミンS錠】

15歳以上

 

【新ビオフェルミンS細粒】

生後3ヵ月から

価格(税込) 定価3065円+送料195円

【新ビオフェルミンS錠】

(350錠入り)
参考価格2322円

 

【新ビオフェルミンS細粒】
(45g入り)
1058円

摂取目安 成人は1日5g

【新ビオフェルミンS錠】

1回3錠を1日3回まで

 

【新ビオフェルミンS細粒】
1回1gを1日3回まで

1日当たりのコスト 約102円

(1日5gとして計算)

【新ビオフェルミンS錠】

約59.8円
(1日9錠として計算)

 

【新ビオフェルミンS細粒】
約70.5円
(1日3gとして計算)

買える場所

インターネット販売のみ
詳細は下記参照
>>カイテキオリゴを買えるショップ

ドラッグストア・薬局・薬店
他の薬との併用 OK OK
即効性 なし なし

 

ココが違うよ!カイテキオリゴと新ビオフェルミンS

 

「食品」か「指定医薬部外品」か

まず、一番の違いはカイテキオリゴが「食品」なのに対し、新ビオフェルミンSは「指定医薬部外品」です。

健康食品とは
一般的に「健康の保持増進」に役立つ食品。普段の食事で口にする成分を組み合わせて作られています。副作用や上限量、他の薬との飲み合わせを気にする必要は基本的にありません。

 

指定医薬部外品とは
効果・効能が認められた有効成分が入っているものの、人体に対する作用が緩和で比較的安全性が高いと判断されたもののことです。

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

カイテキオリゴは食品なので安全で安心なイメージが高いですね。なので赤ちゃんから年配の方まで幅広い年齢層に支持されています。新ビオフェルミンSも医薬品ではなく指定医薬部外品なので、薬を使うよりは体に優しそう。そのかわりどちらも即効性は期待できません。ゆっくりやさしくお腹の調子を整えてくれます。


 

「オリゴ糖」か「乳酸菌」か

カイテキオリゴの主成分は「オリゴ糖」
ビオフェルミンSの主成分は「乳酸菌」。
このふたつは似ているようですが、お腹の中で果たす役割が異なります。

 

カイテキオリゴの主成分:6種類の「オリゴ糖」。
オリゴ糖は胃や小腸で分解されず、大腸まで届いて善玉菌のエサになります。栄養を得て活性化した善玉菌が腸内腸内環境を整えることで、自然にスッキリできるようになれるというわけ。

 

カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖

  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖
  • フラクトオリゴ糖
  • イソマルオリゴ糖
  • 環状オリゴ糖

 

オリゴ糖はきな粉、てん菜、豆類・大豆製品、ごぼうなどに多く含まれています。

 

便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?

 

 

新ビオフェルミンSの主成分:3種類の「乳酸菌」。
乳酸菌といえば善玉菌の代表選手。通常は胃酸に弱く、生きたまま腸には届きにくいのですが、新ビオフェルミンSの乳酸菌は生きたまま腸まで届いて腸内環境を整えてくれます。

 

新ビオフェルミンSに含まれる乳酸菌

  • コンク・ビフィズス菌末
  • コンク・フェーカリス菌末
  • コンク・アシドフィルス菌末

 

乳酸菌はヨーグルト、チーズ、味噌、キムチ等に多く含まれています。
便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?

 

もともと自分の腸内にいる菌を元気にして増やしていくのが「カイテキオリゴ」
体の外から、生きたままの乳酸菌を直接、体の中に送り込むのが「新ビオフェルミンS」。

 

口から摂った乳酸菌などの善玉菌は、そのまま排出されることが多く、腸内に定着しにくいと言われています。その点、カイテキオリゴはもともと腸内にいる善玉菌を増やすので腸内環境の改善にいいのです。

 

ただ、新ビオフェルミンSに入っている乳酸菌はヒト由来。定着率がいいのでおなかの調子をよくしてくれるんですね。

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

↑整った腸内のイメージ

 

成分は違いますが、どちらもスッキリへのアプローチは「腸内環境を整えること」。

 

腸を刺激して無理に出させるわけではありません。だからお腹が痛くなりにくいんです。腸が自分の力で動けるように手助けしてくれるので、自然にスッキリできるのがいいところ。

 

ただし腸内環境が整うには人によって時間がかかります。数日から長い人だと3ヵ月程度。ゆっくり腸内をきれいにしてくれるので、飲み続けることが大切なんです。

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

まずは普段の食生活を振り返って、オリゴ糖と乳酸菌、どちらが体に足りていないか考えてみましょう。不足していると思う方を食べ物で補うか、カイテキオリゴ新ビオフェルミンSで補うことががスッキリへの近道です。


 

 

添加物の有無

カイテキオリゴはオリゴ糖ほぼ100%。
ショ糖が1.2%未満含まれていますが、余計な添加物ははいっていません。だから新生児から安心して与えられるんです。

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

新ビオフェルミンS錠には添加物が複数使われています。
なお、生後3ヵ月から使える粉薬タイプの新ビオフェルミンS細粒の添加物は少なめです。

 

新ビオフェルミンSの添加物

商品名

添加物

新ビオフェルミンS錠 トウモロコシでんぷん、デキストリン、乳糖水和物、沈降炭酸カルシウム、アメ粉、白糖、タルク、ステアリン酸マグネシウム
新ビオフェルミンS細粒

トウモロコシでんぷん、デキストリン、アメ粉、沈降炭酸カルシウム

 

ただ、添加物といっても有効成分を錠剤の状態にしたり、飲みやすくするために使われているものがほとんど。市販されている薬の大半に添加物は入っています。とはいえ、ちょっと気になりますよね。

 

なるべく添加物はとりたくないという方や、赤ちゃんに飲ませるのに添加物は心配という方は、カイテキオリゴがおすすめです。

 

 

形状

 

カイテキオリゴサラサラのパウダー状

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

飲み物や食べ物にさっと溶けるので普段の食事に取りいれるのが簡単です。

 

味も砂糖の約1/4と控えめなので料理に入れても違和感はありません。赤ちゃんにはミルクに溶かしたり、離乳食に混ぜたりして手軽にあげられます。

 

新ビオフェルミンS錠錠剤
カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較
錠剤ですが、ほんのり甘い味なので噛んで食べることもできます。

 

新ビオフェルミンS細粒粉末状
カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較
粉タイプなので、生後3ヵ月の赤ちゃんから使えます。味はやはりうっすら甘い粉。カイテキオリゴのように飲み物にさっと溶けるというわけにはいきませんが、小さな子供さんにも飲ませやすいようになっています。

 

価格

商品名

定価・参考価格(税込)

1日当たりのコスト

カイテキオリゴ
(150g入り)

3065円

約102円
(1日5gとして計算)

新ビオフェルミンS錠
(350錠入り)

2322円

約59.8円
(1日9錠として計算)

新ビオフェルミンS細粒
(45g入り)

1058円

約70.5円
(1日3gとして計算)

 

 

新ビオフェルミンS錠一番安いですね。
続いて新ビオフェルミンS細粒。
カイテキオリゴは上のふたつと比べると割高です。

 

定価で比較しているので、ドラッグストアなどで割引されていればさらに安くなります。
カイテキオリゴも新ビオフェルミンSも腸内環境を整えるものなのに、価格にこれほどの差が出るのはどうしてなのでしょう?

 

カイテキオリゴが高い理由を検証してみました。

 

カイテキオリゴの価値はここにあり!

 

オリゴ糖ほぼ100%!合成添加物は無添加

自然素材から抽出した成分だけを使って作られています。

 

安心・安全評価製品として承認

製造の際に綿密な検査、放射能チェックを行うことはもちろん、加工や出荷の際にもチェックを実施。NPO法人日本サプリメント評議会により、安心・安全評価製品として承認されています。

 

放射性物質含有量の検査で基準値もクリア

放射能チェックは第三者検査機関で行っています。

 

◆『カイテキオリゴ』放射能分析試験結果について ≫コチラから

 

オリジナルの特許技術による絶妙なブレンド

腸内の善玉菌をまんべんなく元気にできるよう6種類のオリゴ糖を配合。この配合技術はEOS理論と名付けられていて、特許も取得しているんです。

 

>>EOS理論について詳しくはコチラ

 

素材にこだわり、安全性にもこだわってていねいに作られているぶん、価格も高くなっているのです。

 

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

こだわりはわかるけど、もう少し安くなるとうれしいなぁ。


 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

そんな人におすすめなのが【10%OFF~】お試し定期コース

 

いつでも解約できる【10%OFF~】お試し定期コースで購入すれば定価3065円が2758円になりますよ。

 

さらに公式サイトから購入した場合のみ、25日間の全額返金保証がついてきます。

 

腸内環境を整える製品には体質によって合う合わないがあるので、使ってからでも使い切った後でも返金できるという保証があるのは安心ですね。

 

>>カイテキオリゴの全額返金保証について詳しくはコチラ


 

>>カイテキオリゴを最安値で購入する方法について詳しくはコチラ

 

 

「カイテキオリゴ」と「新ビオフェルミンS」併用のススメ


便秘にいいのはカイテキオリゴのオリゴ糖?ビオフェルミンの乳酸菌?
ここまでは両者の違いを比較してみましたが、実は私が一番おすすめなのはこのふたつを併用すること。

 

腸内環境をよくするためのポイントはこの2つ

善玉菌そのものを体内に取り入れて善玉菌を増やす
善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂って善玉菌を元気にする

 

そう、とにもかくにも大切なのは善玉菌!

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

腸の中には約1.5㎏もの腸内細菌が棲んでいると言われていて、なんと便の半分は腸内細菌です!腸内細菌は善玉菌悪玉菌、そして強い方に加勢する日和見菌に分けられ、その比率はだいたい217。善玉菌はけっこう少数派。ただお腹の調子が悪い人はもっと少ないんですよ。

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

圧倒的に多いのは日和見菌。腸内環境が乱れて日和見菌が悪玉菌の味方になってしまうと腸内は悪玉菌だらけになってしまいます。逆に善玉菌優位になると腸内は善玉菌でいっぱいのカイテキな腸になるんです。

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

ということは

 

新ビオフェルミンSを飲んで代表的な善玉菌である乳酸菌を腸内に送り込む
カイテキオリゴを与えて体内でその菌を元気にする

 

このふたつを同時にやれば、 腸内でどんどん善玉菌が増えて、スッキリ度がアップするというわけ。

 

 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

 

乳酸菌もオリゴ糖も食べ物から摂ることができますが、毎日となるとなかなか大変。自分の食生活に合わせて新ビオフェルミンSやカイテキオリゴなどを上手に取り入れて、腸内環境を整えましょう!


 

カイテキオリゴ,新ビオフェルミンS,類似品,比較

関連ページ

はぐくみオリゴ
オリゴ糖を代表するカイテキオリゴとはぐくみオリゴ。似てるようで結構違う2つの商品の効果口コミ、成分、値段、使いやすさなど、気になるポイントをまとめてみました。
オリゴのおかげ ダブルサポート
オリゴ糖の人気ランキングで常に上位に登場する「カイテキオリゴ」と「オリゴのおかげ」。どっちがいいの?という方も多いのではないでしょうか?このページでは「カイテキオリゴ」と「オリゴのおかげ」の成分、値段、スッキリ度など、気になるポイントをまとめてみました。
マルツエキス
赤ちゃんの便秘にいいと言われるカイテキオリゴとマルツエキス。どちらも腸内環境を整えるものですが、なんだか似ています。どこがどう違うのか、口コミはどうか、おすすめはどっちなのか、徹底比較します。
カイテキどかスリム茶
「カイテキどかスリム茶」は「カイテキオリゴ」使用中の便秘におすすめ。同じシリーズなので強い刺激で腸内の善玉菌まで洗い流してしまう下剤と異なり、相性がバッチリなんですよ。
するっと抹茶
薬に頼らず便秘をなんとかしたい。「カイテキオリゴ」も「するっと抹茶」そんな人の強い味方。どっちを選べばいいの?という人のために両者を徹底比較 してみました。