カイテキオリゴの成分は?オリゴ糖の種類、添加物や安全性を知りたい!

カイテキオリゴの成分は?オリゴ糖の種類、添加物や安全性を知りたい!

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

100%自然由来の素材から作られているカイテキオリゴ。体によさそうなイメージなので赤ちゃんや小さなお子さん用に購入を考えているお母さんも多いのではないでしょうか。そこで気になるのが成分です。カイテキオリゴに含まれているのはどんな成分なのでしょう?体に害がありそうな原材料や添加物は入っているの?気になったので徹底的にリサーチしてみました。

 

 

「カイテキオリゴ」の成分

 

一般的に市販されているオリゴ糖食品は原材料のほとんどが添加物で、オリゴ糖の割合はほんの数%なんてことも。「カイテキオリゴ」はどうなのでしょう??

 

↓一般的に市販されているオリゴ糖食品の場合↓

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

↓カイテキオリゴの場合↓

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

いろんなオリゴ糖が入っていますね。ただ、その割合まではわかりません。
まずはどんなオリゴ糖が含まれているのか書き出してみました。

 

「カイテキオリゴ」の原材料名

  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖
  • フラクトオリゴ糖
  • アカシア食物繊維
  • イソマルオリゴ糖
  • 難消化性デキストリン
  • ショ糖
  • 環状オリゴ糖

 

赤色で示しているのがオリゴ糖。全部で6種類含まれています。原材料名は全体に占める重量が多い順に表示されるので、上位4つの成分がオリゴ糖であることもわかります。

 

一部、オリゴ糖ではない成分や、ショ糖(=いわゆるお砂糖)も入っていますが、原材料のほとんどはオリゴ糖。製造元に問い合わせたところ、ショ糖の割合は全体の1.2%以下だそう。公式サイトにもオリゴ糖の割合はほぼ100%と書かれています。

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

余計な添加物は入っていません。

 

カイテキオリゴの原材料のポイント

 

オリゴ糖ほぼ100%

添加物なし

 

整腸作用の高いオリゴ糖の割合が多く、添加物もないので、赤ちゃんや小さいお子さんにも安心して使えますね。

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

オリゴ糖ほぼ100%・添加物なし

高純度・高品質の

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

 

「カイテキオリゴ」に含まれるオリゴ糖の働き

 

カイテキオリゴに含まれる6種類のオリゴ糖それぞれの働きについて調べてみました。

 

ラフィノース

甜菜(ビート)から抽出される高純度・高品質の難消化性オリゴ糖。大腸に直接届いてビフィズス菌など善玉菌の栄養源になることで腸内環境を整える働きあり。特定保健用食品にも認定されていて、アトピー抑制効果や免疫力の向上にも効果があるといわれています。

 

ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)

大腸に直接届いてビフィズス菌など善玉菌の栄養源になることで腸内環境と整える働きあり。カルシウムやマグネシウムの吸収を助け、体内の有害物質の濃度を低下させてくれる働きも。

 

乳糖(ラクトース)

牛乳や母乳に多く含まれている成分。ビフィズス菌をはじめとする善玉菌の栄養になって、腸内環境と整えてくれます。
カルシウムやマグネシウムを効率良く吸収する働きもあり。
アレルギー物質は含まないため、牛乳アレルギーの人も使用可能。ただし「乳糖不耐症」※の人は注意が必要です。
※「乳糖不耐症」についての詳しい説明はコチラ

 

フラクトオリゴ糖

腸内の奥に棲む善玉菌にも届き、増殖させる効果あり。低カロリー甘味料としてダイエットにも人気。

 

イソマルオリゴ糖

腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える働きあり。熱や酸に強く、料理にも使いやすいのが特徴。ただしほかのオリゴ糖に比べて胃酸や消化酵素の影響を受けやすいので腸まで届く確率は低め 

 

環状オリゴ糖(シクロデキストリン)

大腸に直接届いてビフィズス菌など善玉菌の栄養源になることで腸内環境を整える働きあり。名前の通り、糖の分子が輪っかのような形で繋がっていて、その輪の中に腸内にある余分な糖質を入れて体の外に排出してくれる働きをしてくれます。その結果、血糖値を下げ、血糖値の上昇を緩やかにする効果もあり。

 

それにしても6種類って多いですね。というのも一般的に市販されているオリゴ糖食品はオリゴ糖が1種類しか入っていないことがほとんど

 

実は6種類のオリジナル配合こそ「カイテキオリゴ」日本一のヒミツが隠されているのです。

 

 

「カイテキオリゴ」が日本一売れるオリゴ糖になったヒミツ

 

自然にスッキリするためには腸内に棲むビフィズス菌をはじめとする善玉菌の活躍が不可欠。その善玉菌のエサになって、数を増殖させ、活性化させるのが「オリゴ糖」です。

 

ただし、ビフィズス菌ひとつとっても、現在わかっているだけで30種類以上!それぞれのビフィズス菌に最適なオリゴ糖は微妙に違うのです。そのため、1種類のオリゴ糖を摂るだけではすべてのビフィズス菌を活性化させることはできません。

 

【1種類のオリゴ糖しか入っていない場合】

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

善玉菌には好き嫌いがある

 

カイテキオリゴでは腸内にいる善玉菌のほとんどすべてをまんべんなく活性化できるよう、業界ではじめて発明された技術を採用しました。それがEOS(イオス)理論

 

EOS(イオス)※1理論とは
ラフィノースやフラクトオリゴ糖など複数のオリゴ糖を組み合わせることで相乗効果を生み出し、1種類のオリゴ糖だけでは果たせないほどの効果を引き出すというメカニズム。この画期的な発明は特許※2も取っているカイテキオリゴだけの技術です。
※1)EOS=Enterobacteria OligoSaccharide Synergyの略称) 
※2)特許出願番号:2013-509964

 

その効果はネット上で話題になり、口コミだけで30万人に広がりました。

 

【EOS理論のカイテキオリゴの場合】

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴは善玉菌と付き合い上手なオリゴ糖

 

さらに「カイテキオリゴ」はより高い効果がでるようバージョンアップ!「善玉菌の棲息特徴」に注目して、腸の下のほうに棲んでいる善玉菌にもオリゴ糖が届くように配合を見直したり、便がよりスルッと出るような製法にしたりと進化を続けているんです。

 

「ESO理論」で得た人気に満足せず研究を続けたことで、より実感度を感じられる商品になって、「カイテキオリゴ」は日本一のオリゴ糖になったのです。

 

日本一売れているオリゴ糖

自然にスッキリできる「カイテキオリゴ」

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

 

「カイテキオリゴ」の原材料の産地

 

「カイテキオリゴ」の原材料・産地も気になったのでメールで問い合わせたところ、数時間で回答が返ってきました。どれも自然由来の素材から抽出した成分だそうです。

 

オリゴ糖

オリゴ糖名

原材料

原材料の産地

ラフィノース 甜菜(ビート) 北海道
ミルクオリゴ糖 牛乳 ドイツ・オランダ・アメリカ
フラクトオリゴ糖 さとうきび オーストラリア、タイ、ブラジル
イソマルオリゴ糖

とうもろこし
馬鈴薯

アメリカ、ブラジル
日本

環状オリゴ糖 とうもろこし アメリカ

 

 

その他の成分

  原材料 原材料の産地
ショ糖 甜菜(ビート) 北海道
アカシア食物繊維 アカシア樹液 セネガル他アフリカ15カ国
難消化性デキストリン  とうもろこし アメリカ、中国、オーストラリア

 

主原料のラフィノースは北海道産ということで安心。その他は結構いろんな国のものが使われているのですね。難消化性デキストリンの一部中国産ってこと。安全性に問題はないのでしょうか?

 

 

「カイテキオリゴ」の安全性

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

「カイテキオリゴ」はNPO法人日本サプリメント評議会により、安心・安全評価製品として承認されています。第三者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアしています。

 

食品偽装のニュースを聞くたびに疑り深くなってしまいますが、第三者機関からの認定を受けていると聞くと安心ですね。

 

パッケージの裏にもちゃんとロゴが載っていますよ。

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

日本サプリメント評議会も公認!

放射性物質の検査も基準値をクリア!

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

 

カイテキオリゴのカロリーはどれぐらい?

 

カイテキオリゴのカロリー(栄養成分表示/100gあたり)は袋の裏側に記載されています。

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

これだけだといまいちピンとこないので、普通の砂糖と比較できるよう、表にまとめてみました。

 

エネルギー(100gあたり)

 

カイテキオリゴ

ショ糖

エネルギー 210kcal 384kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 93.7g 99.2g
食塩相当量 0g 0g

 

 

スプーン1杯(5g)のエネルギー

 

カイテキオリゴ

ショ糖

エネルギー 10.5kcal 19.2kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 4.69g 4.96g
食塩相当量 0g 0g

 

カイテキオリゴのカロリーは砂糖の約1/2
胃や小腸で糖としてほとんど吸収さないので太りにくく、血糖値を上げにくい糖なんです。ダイエット中だから太るのが心配、糖尿病だから血糖値が心配、という人も安心!

 


カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

カロリー控えめで控えめでダイエットにも安心

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

 

「カイテキオリゴ」とアレルギー

 

せっかくいい商品でもアレルギー物質が入っていては使えない!って方もいますよね。不安でアレルギー表示を探す人もいるかもしれません。結論から言うと「カイテキオリゴ」にはアレルギー成分表示はありません。それはつまり「食品表示法」に基づいて表示しなくてはいけないレベルのアレルギー物質は入っていないということ。

 

ただし、商品のパッケージの裏側にはこうあります。

 

「食品アレルギーのある方は、原材料名をご確認ください。」

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

どういうことでしょう?

 

実は「カイテキオリゴ」に来る問合せで多いのが「乳アレルギー」について

 

原材料の中で牛乳由来の成分が2つありましたよね。

 

「カイテキオリゴ」牛乳由来の成分

  • ミルクオリゴ糖 →牛乳
  • 乳糖      →牛乳

 

「ミルク」や「乳」という文字から連想して、アレルギーの人は症状がでるのでは?と不安になることでしょう。

 

私は乳アレルギーではありませんが気になったので問い合わせてみました。実際のやり取りをご紹介します。

 

 

「カイテキオリゴ」は乳アレルギーの人が摂っても大丈夫でしょうか?

『カイテキオリゴ』は生後間もないお子様から
お召し上がりいただける高純度のオリゴ糖でございますが、
原料の中には牛乳由来のオリゴ糖が含まれております。

 

製品の安全試験においてアレルゲンである
タンパク質含量は「ほとんど含まれない数値」となっており、
牛乳や乳製品アレルギーの方に
≪お召し上がりいただいてもほぼ問題がない≫という
検査結果が出ておりますが、
アレルギー症状には個人差がございます。

 

ご心配である場合には、
一度かかりつけのお医者様にご相談いただけますと
より安心してお召し上がりいただけることと存じます。

 

「カイテキオリゴ」はアレルギー物質についてもきちんと安全試験を行っているのですね。そのうえで「乳アレルギーでも問題ない」としつつも断言はせず、「心配ならかかりつけのお医者さんにご相談」するよう勧めています。「絶対にアレルギー症状は出ない!」って言い切っちゃうと何かと問題があるのでしょう。精一杯の誠意ある回答だと思いました。

 

そもそも乳アレルギー物質は牛乳に含まれる「カゼイン」などのタンパク質。「カイテキオリゴ」にはタンパク質が含まれていないので、アレルギー症状が出る心配はないといってもいいと思います。

 


カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

ただし「乳」といえばもうひとつ気になるのが「乳糖不耐症」

 

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人っていますよね。牛乳を飲むとおなかを下す=乳糖不耐症ではありませんが、乳製品を摂ると必ず下痢をするという場合は乳糖不耐症の可能性が高いです。
※「乳糖不耐症」についての詳しい説明はコチラ

 

乳糖不耐症についてはどうなのか、こちらも問い合わせてみました。

 

「カイテキオリゴ」は乳糖不耐症の人が摂っても大丈夫でしょうか?

牛乳に含まれている乳糖が体質に合わない
「乳糖不耐症」の症状をお持ちの方の場合には、
『カイテキオリゴ』に配合される
乳糖に反応してしまう可能性がございます。

 

ご体質によっては1日1gなどの少量で継続的にお召し上がりになることで
良い変化を実感できているという方もいらっしゃいますが、
便野様に問題なくお召し上がりいただけるかを弊社では判断いたしかねる
状況でございます。

 

もしお試しいただける場合には1日1gなど少量からお試しになり、
症状が出てしまう場合にはお控えくださいますようお願いいたします。

 

乳アレルギーと違い、乳糖不耐症の人は症状が出る可能性もあるようです。ご使用の際は使用量に注意して、おなかの調子と相談しながら使ってみてくださいね。

 


カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

 

体質に合うかどうか気になる方は1袋だけ購入して、1ヵ月試すのがおすすめです。

 

1ヵ月試すならいつでも解約OK!

10%OFFの最安値で購入できる

「【10%OFF~】お試し定期コース」がおすすめ!

公式サイトからの購入なら全額返金保証付き

 

>>全額返金保証について詳しくはコチラ

 

販売元は3カ月分を試せる15%OFFのコースをおすすめしていますが

私のおすすめは申し込みページの一番右のコース↓

 

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

 

「【10%OFF~】お試し定期コース」をおすすめする理由

  1. 1ヵ月分を10%OFFで購入できる
  2. 1回の購入でも簡単にキャンセルできる
  3. 体質に合わなければ開封済みでも全額返金してくれる

 

初めて試すならいつでも解約できる定期コース

公式サイトからの購入のみ全額返金保証付

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

カイテキオリゴ 成分 ラフィノース 乳糖 フラクトオリゴ糖 アレルギー

関連ページ

口コミ評価はどう?
カイテキオリゴは「効果がある!」という口コミが多い反面、「効かない」という声もちらほら。実際のところはどうなのでしょう?
赤ちゃんに効果的な飲ませ方は?
カイテキオリゴを使って赤ちゃんの便秘を解消したい!というお母さんは要チェック!安全性は大丈夫?本当に効くの?どうやって飲ませるの?などの疑問に管理栄養士がお答えします。
幼児に効果的な飲ませ方は?
カイテキオリゴを使って子供さんの便秘を解消したい!というお母さんは要チェック!安全性は大丈夫?本当に効くの?どうやって飲ませるの?などの疑問に管理栄養士がお答えします。
妊娠中に飲んでも大丈夫?
妊娠中は便秘になりやすいけど、薬には頼りたくない。そんな妊婦さんにおすすめのカイテキオリゴ。妊娠中に飲んでも大丈夫か?赤ちゃんへの影響は?など、気になる疑問にお答えします!
副作用はある?
カイテキオリゴに副作用はあるのでしょうか?せっかくお腹の調子がよくなっても、他の症状が出たんじゃ本末転倒。オリゴ糖の危険性を解説します。
糖質制限中・糖病病でも大丈夫?
オリゴ糖って血糖値への影響はどうなのでしょうか?糖質制限中の便秘に使える?糖尿病でも大丈夫?太るんじゃないの?そんな疑問に管理栄養士が答えます!
おならが出やすくなるって本当?
カイテキオリゴを摂ることでおならが増えたり、臭くなったり、ガスがたまる人がいます。逆におならのニオイが臭くなくなったと感じる人も。その差はどこにあるのでしょう?その原因と対策を紹介します。
虫歯になりやすい?
カイテキオリゴって虫歯になるのかな?子供に飲ませても大丈夫?そんな不安や疑問にお答えします!
男性の便秘にはどう?
女性に多い悩みですが、実は男性で悩んでいる人も多いんです。男性の下痢や便秘にもカイテキオリゴはどのくらいよいのか、管理栄養士の私がじっくり解説します。
ペットに与えても大丈夫?
ベットの便秘解消にもカイテキオリゴ!カイテキオリゴはペットにも使えるのか?どうやって与えるのか ペットに与えても安全な商品かなど、ペットにかかわるカイテキオリゴの疑問にお答えします。